電話するLINEで連絡する

抜け毛と年齢、

シェアする

 

これからの季節抜け毛が増えてきます
やばい対策しなきゃという方
結構多いと思います

けどいいのです
そもそも抜け毛がいけないという現在の風潮
おかしいです

抜け毛よりも毛が生えてこないことが重要だと思います

抜け毛が増える=薄毛という考えは
薬を売る製薬会社の戦略が
見事に浸透してように思います
あくまで僕の考えですが、、、

抜け毛が多いという事はそれだけ
代謝がよく正常なヘアサイクルが行われているという事です

じゃあ抜け毛が少ない人はもともとの毛が少ないのかと
聞かれるとそうではないと思います
毛が多くても抜け毛が少ない人もいるんです

それはなぜか
個人差です
人間の体はこうでなければ
ならないなんて決まりはないんです
だから抜け毛だけで
判断するのは危険かと思われます。

また
生え際の後退を気にする若い方も
多いと思いますが
二十代の生え際の後退は変化の
可能性が高いと言われています
変化は後退とは違います
成人の大人へと体の中だけでなく
外側も変化しているのです、もし
この段階でプロペシア、ミノキシジルタブレット等に
手を出してしまうともう一生薬に頼る事になるみたいです

この手の薬はたしかに効果はありますが
やめてしまうとそれまでで
やめるとまた薄毛が進行してきます
しかも自由診療だから保険適用外

月に2~3万は簡単に飛んでしまいます
家庭大打撃です

じゃあ薄毛の原因、治療法てなんやねんて
なるかと思うんですが、、、

一番大きく言われているのが
遺伝ですよね
これも実は詳しくは解明されてはいないんです
母方の遺伝が強くでるなどさまざまな案がでて
いますがはっきりと解明された訳ではないみたいです

じゃあ薄い人の共通点ってなにかなと
自分なりに考えてみたんですが

1食べ過ぎるひと
2生活リズムが悪いひと
3お酒とタバコを愛している人

食べ過ぎる人は
消化器器官がいつも使われている
状態で髪の成長を司る毛母細胞にまで
栄養分を届けるエネルギーが体にないことになります
またあぶらっこいものや甘いものを好まれる方も
皮脂の過剰分泌だったり他の内臓器官にまで
悪影響が及んでくるようになってきます

そしたらもちろん髪にだって影響がでできますよ
頭皮も髪も体の一部ですからね

2生活のリズムが悪い人

髪も一種の細胞の一つ
体の中でヘアサイクルという名の細胞分裂が繰り返され
人の髪は伸び成長します
眠っている間に細胞分裂は行われるので
寝ないと成長しにくいわけです

一番よく言われているのが
10時から2時までの間が一番細胞が活性化する
ゴールデンタイム
でも10時に寝ろなんて小学生でも無理ですよ

なので睡眠の時間より質が
大切だと思います
体にあったまくらでゆっくりと体を休める
体も心もリラックスしないと
やはり体に影響はでますよね、、、

3たばこお酒を愛している人
たばこは百害あって一利なしなんて
とんでもない言われ方してますが
実際にいいことは間が持つくらいのもだと思います
たばこを吸うと結構が悪くなり
頭皮に栄養が行きにくくなります
体に悪い事は頭皮にも悪いです
タバコは控えたほうがいいかもですね、、
お酒は飲み過ぎなければ大丈夫だと思います
肝臓やるくらい飲まなければむしろお酒は
体にいいとも言われますし

こんな感じで自分は考えております
抜け毛が増えたからと慌てる事はありません
直ぐに薬に頼らず
出来る改善から初めて行けば
大丈夫だと思います!!!

友だち追加数

スタイルのご相談や直接の予約が可能です 是非友達追加よろしくお願いします

この記事を書いた人

オガタリョウマ
オガタリョウマスタイリスト
丁寧なカウンセリングお客様のご要望をしっかりと聞き出し

それに対応できる応用力を兼ね備えてます
ヘアケアに関する知識が豊富にあるので
是非ご質問下さい

TEL:0955-73-3003
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク