電話するLINEで連絡する

ヘアカラーをサロンで行う4つのメリット

シェアする

 

ヘアカラーは自分でも出来ます

ヘアカラーって単純に塗れば染まります

ですがその単純さたる故ににヘアカラーを軽視している方が多いのも事実です

実際に自分でヘアカラーをしたことがあるという方は
かなり多いのではないでしょうか?

僕自身も学生時代にドラックストアで購入した市販のヘアカラーで染めたこともあります

起こるべくして起こったニュース

そして先日のヘアカラーでのかぶれのニュースは僕個人としては
なるべくして起こった事態だと思ってます

しかしヘアカラーはもはや普段の生活においてなくてはならない方が多いと思います

ヘアカラーをサロンでするメリット

そんな今日はなるべくヘアサロンでヘアカラーをするメリットを4つ紹介したいと思います

1.頭皮ギリギリで塗布する技術

ヘアカラーは上記のリンク先にもあったように
頭皮に良い薬剤ではありません

お肌が弱い方はかぶれるリスクがあります

ですので市販の薬剤の説明書にもパッチテストを促す文と
頭皮に付けないように塗布して下さいという記述があります

でもちょっと待って下さい

果たして自分で塗布する際に頭皮に付けないように塗布するということは本当に可能でしょうか?

僕自身も多分自分の頭をするときは普通につくと思います

ですのでcorestでカラーを塗布するときは頭皮になるべくギリギリで染めるような技術を行っております

シャンプー時に塗布した薬剤が頭皮に付くことはありますが
それでも最初からべったりと付けるよりは遥かに刺激は少ないはずです

2.弱アルカリ性カラー剤

ヘアカラーには弱アルカリカラーというものがあります

例えば黒髪を明るくするときは明るくするために薬剤のパワーを上げています

逆に既に染まってる部分の色味を変えるときはそこまで薬剤のパワーを必要としません

ですのでそういう時は根元のカラーとは別に
既に染まってる部分を染め直す時は「弱アルカリ性のカラー」という非常にパワーが弱い薬剤を使います

しかし市販の薬剤だと一色の薬剤しかありませんよね?

これは黒髪部分の明るくする為のパワーのある薬剤です

当然本来はそこまでのパワーは必要ない
既に染まっている毛先の部分の負担は大きいはずです

そこに適正な多種多様な薬剤をヘアサロンで選ぶというのももう一つのメリットです

3.自分の目や肌に合わせたパーソナルカラー

例えば自分に似合う色味って皆さんご存じですか?

これは目や肌の色に合わせてヘアカラーを選ぶ事ができるのもサロンでするヘアカラーのメリットになります

それと自分で似合う色やなりたい色はわかってたとしても
人間の毛髪は様々です

当然その人の髪質にあった薬剤の調合方法にしないと
思った通りの色がでない場合もかなりあります

そこで自分に似合う色味+それにするためにはこういう調合のやり方がベストという
美容師さんの選ぶ技術というものが大事になってきます

4.アフターサービスの充実

市販の薬剤で染めて思ったより違う色味だった
頭皮がかぶれてしまった

こういう場合のアフターフォローというのは市販の商品ではないと思います

corestでのアフターフォローとしては

1週間の技術保証
アフターカンセリングシートによる
普段のお手入れのやり方や次回のヘアカラーの目安等も記載してお渡ししております

そしてなにかご質問があった場合は専用のLINE@でのご質問も随時受け付けております

まとめ

以上の4つのヘアサロンでのヘアカラーでのメリットをご紹介いたしました

いかがでしたでしょうか?

今までご自宅でヘアカラーをされている方のご参考になりましたら幸いです

友だち追加数

スタイルのご相談や直接の予約が可能です 是非友達追加よろしくお願いします

この記事を書いた人

シミズハルヒコ
シミズハルヒコスタイリスト
女性から見た理想の女性像を心掛けています
アイラブチワワ

TEL:0955-73-3003

 
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク