電話するLINEで連絡する

極限の癒しとはこういう事だった

シェアする

 

癒しが欲しい

最近疲れが溜まっておりました

日々のサロンワークもさる事ながら

台風や気圧の変化もありましたので
肩こりが酷い私にとって頭痛と戦う日々が続いてました

そんな中ふと休みが取れましたので

台風直前ではありましたが
湯布院へと赴きました

湯の坪街道でお土産探し

img_4063

湯の坪街道です

様々なお土産やさんが連なっております

平日というのに大いに賑わっていました

主に中国系の方が多いような印象を受けましたが
こうやって日本にお金を落としていただけるというのはある意味有り難い事だとも
感じます

img_4065

ジブリ作品専門のお店がありました

ここでスタッフのお土産も買いました

ムスカ大佐の発言はいつも心踊らされます

img_4066

お土産屋の並びになんと昔ながらの床屋さんもありました
なんと大正から続いているお店みたいです

同じ髪を扱う職業ですから
単純に半世紀以上続いてるのは素晴らしいです

私もまだまだこの店舗に比べれば赤子レベルでございます
精進します

ドクターフィッシュ

img_4068

そして生まれて初めてドクターフィッシュというものも体験してきました

これはアカン

常に足の裏をこちょこちょとくすぐられる感覚です

果たしてこれを我慢できる方はいるのだろうか

img_4071

居ました

どうやらコツは遠くを見ていると感覚が紛れて大丈夫らしいです

角質がよく取れる方程沢山魚が寄ってくるとの事でしたが
僕のところに大量に来たのできっと嘘だと思います

だって毎日バルクオムで足の裏までピカピカにしてるからです

この景観を見よ

img_4082

こちらは宿の風呂からの景色です

露天風呂でした

景観がとても素晴らしく癒されまくり度は大分マックスになりました

夕食

img_4078

食事を見てください

なんですかこのお肉は

美味しそうでしょ?

ええ、まじで美味しかったです

そしてオシャレでした

オシャレ感が高まるこれを見てください

img_4079

一瞬ATフィールドかと勘違いするかのごとく綺麗なお野菜カットでした

もう癒され度のメーターは振り切っております

いつでも全力で仕事に勤しむ事が可能な状態です

記念

img_4074

記念に撮っていただけました

スタッフの方は全員ホスピタリティに溢れていて

呼び出しのボタン等必要ないほどにこちらが来て欲しいタイミングで訪れてきます

なんなんですかね?
やはり気を感じ取っているのでしょうか?

僕もそろそろお客様の気を感じ取れるようにならねばと思うのです

しっかりと接客技術を学んできました

そして感動して癒しメーターが誤作動を起こし始めました

という事でかなり満喫できたわけですが

帰りの運転で疲れたので
僕の疲労度が溜まりました

癒しを求めにまた湯布院へと赴きたいと存じます

それではお後がよろしいようで

友だち追加数

スタイルのご相談や直接の予約が可能です 是非友達追加よろしくお願いします

この記事を書いた人

シミズハルヒコ
シミズハルヒコスタイリスト
女性から見た理想の女性像を心掛けています
アイラブチワワ

TEL:0955-73-3003

 
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク