綺麗な髪色作るポイント

オガタです。

僕のお客様はハイトーンカラー方の割合が多く
みなさんよくオーダーされるのがやはり
「赤味の少ないカラー」「透明感のあるカラー」です!
綺麗な色だとテンションも上がります。

今回はそんな綺麗なカラーになるためにお客様が
知っておくと徳をするポイントを書いて行きたいと思います^^!

1、その黒染めちょっと待って!

就活や校則などで黒染めをしなければならなくなった
これは誰しも経験があると思います。
黒染め(セルフだと余計に)は透明感のあるカラーには大敵で
ブリーチしても色が抜けにくく、複数回ブリーチが必要になってきます。
一回のブリーチと、カラーですと赤味がとれず微妙な仕上がりに、、、
髪を黒くしなければならない場合は黒染めではなく
暗染めにしましょう!
暗染めは黒染めと違い次にカラーはするときには
明るくできるのでブリーチが少なくて済みます。
髪のダメージも抑えることができます。
ちなみに暗染でここまで暗くできます

自然な黒です。
黒染めみたいなギラツキ感が出ないのでおすすめです!
また規則で暗くしなければならない方以外でも
髪色をすぐ変えたい方にもおすすめ
最初暗めに入れてるので色落ちが楽しめます^^

2、綺麗なカラーは長い目で作ろう。

日本人の髪は赤味がつよく
一回のブリーチではあまり色がぬけません
かといって二回以上のブリーチは個人的には
NGだと思ってます。
(真っ白にしたいとか、例外はありますが)
理由は「ダメージ」「一定まで明るくなるとそれ以上はあかるくならない」
からです。

ならどうするかというと
長い目でじっくり作っていけばすくないブリーチでも
綺麗なカラーは可能だということです
こちらのお客様のカラー
黒髪からブリーチ一回で毛先の仕上がり

黒髪からだったので、グレーっぽい部分とベージュ系の色味が混在してます。
このままでも綺麗なんですが、この色味が完全に抜け切るまえ(一ヶ月半以内)に
上からグレー系の色味を乗せると、、、

お!この前より綺麗にグレーが出てますね^^
ダメージも限界まで抑えてますので手触りもよいです!
そしてさらに一ヶ月後にまたカラーしますと、、、

おー完全にグレーになりました!
そしてできるだけダメージレス!
すくないブリーチでも継続的にカラーをすればここまで
綺麗になります。
綺麗なカラーは長い目で作りましょ!

長くなったので次回この
記事の後半を書きます!
ぜひごらんください