ABC2018に初めて参戦してきて撃沈した

九州の美容師さんなら誰もが知っているであろうコンテスト

ABC(アジアビューティーコングレス)2018に出場してきました

観に行ったことは勿論なんどもあるんだけど
出場したことなかったんで気合い入れました

モデルさんには1年前から髪伸ばしてもらうのをお願いしてもらいました

まあ、結果見事にかすりもしなかったんだけどね。

超悔しい。

でも思ったのが
やっぱりやらないとわからない世界があるんだなあと思った

やってねーのに文句言うのはすげーダセーよね?

仕事でもそうだし練習でもそうだと思うんですよね

数あるサロンの中から選んで来て頂いてるのに
それをただ「こなしてる」だけで
お客様に喜んでもらうスタイル作りを本気で考えなかったり。

練習においてもマネキン一頭カットするより
モデルさん呼んでスタイル作った方が何倍も練習になる。

でもビビってたりなんとなく探すのめんどくさいからやらなかったりね。

そういうのって自分が思ってる以上に凄く勿体無い事やってんだろうなあって。

あ、今言ってるのって別に自店のスタッフに苦言を言ってるんじゃないよ。

むしろウチの店では割とやってる方だと自負してますし。

ただ単純に自分の頭の中を文字を起こすことで整理してるだけ。

ともあれ、11月って閑散期って言って比較的お店はゆっくりしてるからこういうこと考えて
気持ちの整理だったり今後のお店の方向性をしっかり考える時期なんかなと思ってる。

本当はそんな暇がないくらいがむしゃらに忙しいのが一番なんだけどね

と、言うことで
ABCに参加して自分のしらない世界がまだまだたくさんあったのと
課題も見えてきましたので粛々と勤しみたいと思います

(あ、予約お待ちしてます、、、、、、