最近は癖毛とどう向き合っていくかを考えてます。

お久しぶりです

シミズです

こっちのブログをスタッフに任せてから
自分自身はなんとなーく書きたいことが溜まったら書こうかなって感じで
過ごしてて

6月ってくせ毛に悩むお客様も多いし
縮毛矯正のメニューが多かったんでその月を過ごして
僕なりに感じた事もあったのでちょっと書いてみようかと

くせ毛って結構大変ですよね。

僕自身あまり癖があるわけではないので
日々それに悩んでいる方にとっては程度はあると思いますが
毎日のお手入れに関して僕の計り知れない苦労をしていることかと思います

で、実はくせ毛の時とそうじゃない時って僕自身は結構カットのやり方も変わってきます

なるべくお手入れがやりやすい様にと仕上がりのクオリティも考えて

んで、最近ウチのメニューにですね
縮毛矯正(ストレートパーマ)とは別に酸熱トリートメントというメニューも作りました

これは簡単ににどういったものかというと

ある程度のくせ毛をダメージレスで伸ばしながら髪の面を整えて
綺麗にするメニューです

例えば表面のホワホワした毛の収まりが良くなったりとか
ダメージで毛先がパサパサしてるのがつるんとしたりとか

そういったメニューです

ただ縮毛矯正みたいにしっかり伸ばしたりはしないです

ただメリットもめっちゃあるんで
要は住み分けが大事かなって思います

例えば縮毛矯正って頻度おすすめってショートだと4ヶ月に1回
ロングだと6ヶ月に1回みたいに僕は伝えています

それはだいたいそんくらい根元伸びないと薬の塗り分けが大変だし
アイロンで挟む時にもかなりデリケートでリスキーな施術になってくるからです。

でも大体2ヶ月や3ヶ月くらいで根元のクセが気になってる方が一定数おられる方もいらっしゃいます

そういう方に縮毛矯正の中間のスパンでこの酸熱トリートメントをするのをおすすめしてます

ちょっと毛髪にハリも出ますので細毛の方なんかは割と効果テキメンです

元々そんなクセがない方なんかはむしろこれだけやっときゃ縮毛矯正しなくてもいんじゃね?

って時もあります。

ただなかなかご自身でそれを判断するのって難しいと思うので担当に
酸熱トリートメントとどっちが良いかを聞いてみるのも良いかもしれません。

縮毛矯正に関しても使う薬剤が変わったりやり方も結構変えました
根元はしっかり伸ばして毛先は柔らかくまとまる様に。なるべく自然に。
でもしっかり伸ばすみたいな。

縮毛矯正ってダメージかかるメニューだけどなんか逆にめっちゃ手触り良くなってない?

みたいなそんなやり方。

あ、最初にさらっとカットのやり方も変わるって書いたんですけど

僕の場合はくせ毛の方をカットするときは結構しっかりブローでクセを伸ばしてから
ドライカットする派です。

これって人によって色々やり方違うんであんまり書いちゃうのもアレなんですが
個人的にそっちの方がカットラインが見えやすいから質感調整や毛量調整がやりやすいからです

なんとなくなんですがそっちでカットした方が
後でお客様が自分で癖が出てる状態でスタイリングした時にやりやすかったりしたんですよね。

だからくせ毛を活かしてカットする時も割としっかりブローしてからカットします。

なんならパーマかけてるお客様でパーマを残しながら
ちょっと質感を整えて欲しいとかそういう時にも一回全部ブローしてます。

んでカットが終わったらコテで巻くかもう一回濡らしてパーマ出してからスタイリングみたいな感じです。

これも1年前の自分と比べたらやり方変わってきたなーって感じです。

みたいな感じで
アップデートできてるか不安だけど
1年前の自分と比べてみて
あ、そういえばくせ毛に対する考え方変わったなー僕って思ったのでちょっと書かせていただきました