自粛開けととのう

どうもオガタです。

6月も半ばにさしかかり
少しばかり普段の生活が戻ってきましたね。
県を超えての移動も解禁された今
僕にはどうしても行きたい所がありました。
それは、、

サウナ

多い時は週3日は通っていたサウナ
自粛要請が出てからは全く行っていなかったので
それはそれは行きたくて仕方なかったわけです。

行きた過ぎて自宅サウナ

(浴室暖房マックス、お湯を45度で半分貯め無理やり汗をかく)
をおこなっていたくらいです。

さて
「サウナの何がいいのか?」
よく言われる事です。

・暑いだけ
・水風呂つめたすぎ

・汗をかくから嫌だ

こんな事をよく聞きますが
一度楽しさに触れてしまうと
それは間違いだったと気づくはずです。

暑さ、冷たさそんな感覚を凌駕し
それらを超えた先に訪れる
形容し難い最高の感覚を

我々サウナー(サウナ好きの人のこと)の中では

”ととのう”

そう呼びます。
体が整うからそう呼びます。
精神的にも体的にもとてもリラックスしている状態の事を
指す、このととのう 現象

その仕組は??

サウナで大量に汗をかき血行を強制的によくします。
血管が広がり全身に血が巡ります。

そのあと水風呂で広がった血管を冷却し
縮めます。

最後に水風呂から上がり
ゆっくり体を休めましょう
露天風呂に椅子があるので
使いましょう
そのための椅子です

なければ体を洗うときに使う椅子で良いです
とにかくからだを休めて!

この休んでいる時に
縮んだ血管が元に戻ろうとすると
さらに血流がよくなります

するとあら不思議
なんとも言えない気持ちのいい感覚が
あなたを包むことでしょう
これこそがととのうです。
ディープリラックス状態に陥るわけです。

 

通常、サウナ→水風呂→休憩
これを3セットほど繰り返すのですが
これをこなしたからと言って必ず
整えるわけではありません。
そんな事もあります、これもサウナのいいとこ
自分のベストな状態を見つけましょう。

 

自分の体調と相談しながら
・高血圧の方は控えましょう
・急に体を冷やしすぎると
心臓の悪いので必ず少しづつはいりましょ
・きついと思ったら無理はしない!
すぐに出ましょう

よきサウナライフを